ふくしまのシェフが読んだ|辛い時期を乗り越え幸せをつかんだ物語

福島に住むとあるシェフが、辛い時に読んだ「辛い時期を乗り越え幸せをつかんだ」人々の物語

夫婦 家族

大学卒業1年目での結婚で大変でした

投稿日:2017年6月21日 更新日:

私と家内は大学時代から付き合っていて、就職後も地元就職で何事もなく付き合っていこうと考えていたのですが、私の配属先が思いのほか地元の関西ではなく東京になり、それもかなり長くなることが分かってしまったのです。

 

最初は別れようか、それともそのまましばらく付き合ってから考えようか迷いましたが、結局のところ、入社1年目の秋には結婚しようという判断にいたっていました。離れた期間はわずかでしたが、やはり一緒に生活したい、寄り添って生きたいという気持ちが強かったのでこうした判断にいたったわけです。

 

しかし、困ったことにお金がありません。

結局、結婚指輪、婚約指輪だけ頑張って私が貯蓄して、入社1年間で頑張って100万円ためました。

そして、同じタイミングであげた結婚式の費用は私の両親に出してもらいました。

今考えるとありがたい限りです。

 

そして、その結婚と同時に何と家内に妊娠が発覚。

貯蓄もなく、家内の東京での仕事探しもままならないまま、会社の家賃補助での子育てが始まりました。

はっきりいって、苦労されている方からすれば、こんなことたいしたことはないといわれるかもしれませんが、私たちとしては非常に大変でした。

 

しかし、これだけ若い間に頑張っておけば、50歳になったころには二人とも自由の身だという割り切りをもったこともあります。

ということで立て続けに2人目も産みました。

 

お金の面だけではなく、家内は東京に友人もなく、わたしも駆け出しで忙しかったために本当に子育ての面ではいろいろ苦労があったと思います。

私自身もそれなりにフォローしたつもりではありますが、家内は苦しかったでしょう。

 

しかし、あれから15年がたち、経済的には二人の学費があるのでまだまだ大変ですが子育てという面ではゴールが見えてきました。

 

これからは夫婦二人で子供を見守りながら、老後の資金をためたり、二人で共通の趣味を楽しむような方向に人生をシフトチェンジしていきたいと思います。

-夫婦, 家族
-, , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

5年前、主人を癌で亡くしたけど、今は孫もでき元気がでてきたよ!

私は、61歳です。 5年前に主人を癌で亡くしました。 主人は、闘病生活、僅か50日であっという間に他界しました。   その当時は、寂しくて辛くて、私は、これから、1人で生きていくことができる …

お母さんバンザイ!!

36歳主婦です。 8歳の男の子、7歳の男の子、3歳の女の子の三人の子供がいます。   長男を妊娠した頃はまだバリバリ仕事をしていて、自分がお母さんになるなんて夢にも思っていませんでした。 大 …

家族の看病と仕事の板挟みで退職を決意。良い仕事に巡り合えました。

26歳の時に父が亡くなりました。   25歳の時に55歳の父が肺がんで入院。   その頃私は残業時間の多い販売の仕事をしていました。 朝7時出勤で夜22時過ぎまで働いていたため、お …

パートナーとの遠距離生活

あの時は大変だったなぁと思える事の中に女性であれば恋愛問題が比率的には高いかなと思いますが私のそのうちの1人です。   悩み苦しんだ20代、アラサーになり結婚もし、段々と結婚の意味を理解した …

仮面夫婦から本当の家族になれたとき

私は、今年で結婚10年目を迎えました。   結婚当初は、お互いを思いやり、仲良く暮らしていましたが、月日が流れるにつれ、義母との折り合いが悪くなり、そのことで主人とよく喧嘩をするようになりま …