ふくしまのシェフが読んだ|辛い時期を乗り越え幸せをつかんだ物語

福島に住むとあるシェフが、辛い時に読んだ「辛い時期を乗り越え幸せをつかんだ」人々の物語

家族 病気・けが

父の死を乗り越えて

投稿日:2017年4月21日 更新日:

3年前、私の父が交通事故で突然他界しました。

電話がかかってきた時は、言っている内容がわからなくて、体が動けなくなったのを覚えてます。

 

お葬式をしなくてはいけないのですが、全然理解できないのです。

私には兄がいるので、兄が警察に向かい父の遺体の確認を行いました。

病院で亡くなるとかなら理解できるのかもしれませんが、警察にいかなくてはいけないのです。

霊柩車に乗って父と兄が帰ってきました。

 

ほとんど、そこから覚えていないです。

 

とにかく言われた通りに動くしかないのです。

 

私には、2歳と5歳の男の子がいたので、子供の世話と葬式やら、家の片付けやら、どうやってやったのかわからないのですが、なんとかしてやったと思います。

交通事故での死は、その後も賠償金の問題、裁判やらいろいろあります。

弁護士に相談したり、警察にいかなくてはいけなかったり、と嫌なことがしばらく続きました。

 

少し、物事が落ち着いた頃から、突然の父の死は、私の考え方を180度変えたと思います。

人はいつ死ぬのかわからないということ。

明日かもしれないと思って生きるしかないと思いました。

 

父の死を無駄にしたくないという気持ちもあったのかもしれません。

最後の父のメッセージだと思い、真剣に生きることにしたのです。

前向きになるよう努力しました。

泣かないように努力もしました。

 

でも、まだ急に悲しくなることもあります。

でも、私が笑って元気で暮らすことが、父に感謝の気持ちを伝える術だと思って、ニコニコしながら生きてます。

笑ってばかりいると、不思議なことに人が寄ってくるのです。だから毎日寂しくないです。

 

三周忌をすぎて、父の残したものを処分いました。

どうしても欲しいものは残しましたが、ほとんど処分しました。

処分して初めて、父は死んだんだと納得できたような気がします。

 

父の生きてきた証をなくしたくないという気持ちが最初はありましたが、自分が前に向かっていきていくには、処分するのがいいのではと考えたのです。

 

新しい人生をてに入れた感じがあります。毎日、充実した日々を送ってます。

-家族, 病気・けが
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

大変だった時のこと

私は今でこそ幸せだと思うことができますがそこに至るまでにだいぶ荒んでいた時期がありました。今回はその時のことについて書いてみたいと思います。   元々、私は小さい頃から内向的な性格でした。そ …

父親の53歳での死によって、雰囲気が変わってしまった実家

今から10年前で私が20歳の時に、父親が突然亡くなりました。   私はその時専門学校を卒業して働き始めたばかりの頃で、実家から連絡をもらった時には嘘かと思うぐらいにびっくりしました。 前日ま …

家族の看病と仕事の板挟みで退職を決意。良い仕事に巡り合えました。

26歳の時に父が亡くなりました。   25歳の時に55歳の父が肺がんで入院。   その頃私は残業時間の多い販売の仕事をしていました。 朝7時出勤で夜22時過ぎまで働いていたため、お …

5年前、主人を癌で亡くしたけど、今は孫もでき元気がでてきたよ!

私は、61歳です。 5年前に主人を癌で亡くしました。 主人は、闘病生活、僅か50日であっという間に他界しました。   その当時は、寂しくて辛くて、私は、これから、1人で生きていくことができる …

大学卒業1年目での結婚で大変でした

私と家内は大学時代から付き合っていて、就職後も地元就職で何事もなく付き合っていこうと考えていたのですが、私の配属先が思いのほか地元の関西ではなく東京になり、それもかなり長くなることが分かってしまったの …